レジ

営業成績の向上が見込めるPOSレジはもはやマストアイテム

ドロワー内のお金

店舗をもって独立するという夢をかなえて、これから新しく飲食店をオープンするなら、会計や店舗運営効率化のために飲食POSレジを導入しましょう。従来から、お会計に特化したレジが使われてきましたが、飲食POSレジを使えば、単なる会計に留まらず、リアルタイムな情報収集を通じてより広範囲かつ包括的なマーケティングが可能になります。
飲食POSレジでは、どの時間帯に、どのようなお客様が、どのメニューを注文したかをその場で記録してデータ収集することが出来ます。新規オープンの飲食店では、開店前に一通り受けそうなメニューやターゲットとする顧客層の目途を立ててはいるものの、その見込みが正しいかどうかは、オープンしてみなければ分かりません。
オープン直後から顧客情報、よく注文が入るメニュー情報、顧客が集中する時間帯などについて正確かつ詳細な情報を収集することにより、当初のお店の目論見が当たりか外れかがすぐに判断できます。当たりであれば、その路線でそのまま営業を継続していけばいいですし、外れだった場合は、得られたデータに基づいて方向性を修正することで、営業成績の向上を見込むことが出来るでしょう。
競争の激しい飲食店の世界では、情報強者になることが生き残るための必要条件とも言えます。そのための力強い味方として、飲食POSレジを導入しましょう。